jyouhoukanhe.net

旅行に行くときの乗り物でのアームレストの扱い

旅行は自分で計画を立てると安い 通勤電車の2人掛けの座席にはアームレストが付いています。それほど広くないので左右に一つずつです。右側に座れば右手は置くことができ左なら左手を置けます。少し余裕のある座席となると真ん中にアームレストがつくことがあります。飛行機だと狭くても付いています。これによってそれぞれの人の座席の位置を決めることにもなります。大きな体の人でもアームレストが邪魔をして横の席には体を入れられません。

アームレストの目的は腕を置くためにあります。リラックスしたい時に置くと楽です。では旅行の時に鉄道などで隣の人と共有のアームレストがあるときにどうするかです。2つの座席があり真ん中にあるときは一つしかありません。仲がいい人なら二人で使うこともできるでしょうが知らない人同士で一緒に使うことは出来ないでしょう。どちらが先に取るかです。

基本的には先に腕を載せた方の勝ちです。ですから載せられてしまったらその後はアームレストなしで縮こまって座るしかありません。自然な形で取る方法としてリクライニングを倒す方法があります。それによってアームレストも倒した側に移動します。注意としては席を立つとその時点で相手にアームレストを渡すことになることです。席に戻ったときには隣の人がしっかり確保されているかもしれません。

おすすめ



Copyright(c) 2019 旅行は自分で計画を立てると安い All Rights Reserved.